cho-ya Blog

きものの蝶屋ブログです。着物の魅力について、情報発信していきます。

2015年12月18日(金)

今日の綺麗。 [ふりそで]

今日の綺麗。

藤娘きぬたや
タイトル:振袖「舞蝶」。
技法:絞り

今回、蝶屋のお知らせで登場する
藤娘きぬたやのお振袖。

優しいグレー地の中の椿の中を
優しく蝶が舞う。




画像(180x136)・拡大画像(640x486)

−藤娘きぬたや−

ふくよかな時の流れに育まれた技の絞り。

ときめきが、

一粒

一粒

絞られている。

ときめきのかたち。

藤娘きぬたやの伊藤社長は言います。

「つねに新しい挑戦から美しさは生まれる。
前と同じ繰り返ししたくない。
人が作ったものを真似したくない。」

日本の絞りは
正倉院の時代に始まったと言い
いまの絞りの原型ができたのは
江戸時代元禄初期。

それまでに、なんと
600〜700年かかっているとのこと。

藤娘きぬたやの社長は
そのかかった期間を、
絶えざる技術革新の歴史という。

伊藤社長のお話には引き込まれてしまう。

一言、一言の言葉に。

私はまだ絞りの技術はまだまだ無知。

絵掘り

人目絞り

本疋田絞り

浸り染め

手挿し染め

手湯のし

と、工程があるみたい。

一反の着物を作るのに
一年を越す着物もたくさんある。

そして藤娘きぬたやの着物には、
一つ一つの柄に思いが込められている。

「皆様が幸せになるように。」

引き込まれてしまうのは、
深い深い理由があるみたい。

私が知ってる事はまだ
表面上のことで、まだまだ浅いけど

着られた時に、
暖かく、優しく感じるのは
深い深い理由があるんだね。

社長の、絞りのストイックさに
感無量。

図々しく着装し、コーディネート。
羽織った時の柔らかさが何とも言えない。
気持ちがいい。

ふんわり、優しく包んでくれる。

大切な方へ、
思いを込めて送って頂きたい一枚です。

一日一つ綺麗な理由が知れたらそれが幸せ。

どなたかに伝えられてら更に幸せ。

蝶屋 刑部優美帆

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(308x320)・拡大画像(617x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 刑部 優美帆 at 20時57分

ページのトップへ ページのトップへ

12

2015


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

PHOTO

振袖モデル撮影会 @

振袖モデル撮影会 @

振袖から物語

振袖から物語

久留米大学の皆さまご入学おめでとうございます。

久留米大学の皆さまご入学おめでとうございます。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Choya Japanese Kimono & Obi Co., Ltd All rights reserved.