cho-ya Blog

きものの蝶屋ブログです。着物の魅力について、情報発信していきます。

2015年12月24日(木)

衿芯 [着物の歴史]


今日は平さんに同行させてもらい
年末のご挨拶にと
お客様のところへお邪魔しました。


お祖母様と、奥様と
着物ついて花が咲きました。


お祖母様のお母様の着物について。
お嬢様のお振袖について。
お祖母様が選ばれたお嬢様の訪問着についてなど。


また昔は、黒絵羽を羽織って子供の入学式等行っていたことなど。


いくら話しても尽きない着物話し。


今はあまり見ない着物のお話もされるものだから、
楽しくて楽しくて。


そこで一番気になったのが
「衿芯は昔からあったのか?」
というお話。


確かに昔の人の写真を見ると
今みたいに綺麗に着ているわけではない。
衿もくたくたです。



そりゃあそうかと。
いまの洋服の普段着のTシャツや、デニム感覚なのだから
ゆったり着るのが当たり前なのかと。



そういえばと、ふと思い出す。



この前着物を着ていて
帯の下がとっても痒くなり
たまらなかったことを。
そのとき、
「もう‥。昔の人はどうしたんだろう。」と
思ってしまったんです。



‥ゆるゆるに楽に着てたから
ポリポリきっとかけたんだろうなと
今日気が付きました。


そしたら
衿芯はいつから出始めたのか?
そしたら
おはしょりは何故そもそもあるのか?
そしたら
前板とかあったのか?
帯枕はいつからあったのか?
気になるところが沢山出てきてしまいました。



まだなにも調べられていない。



今後調べる課題にしようと思います。



とりあえず、
祖母に電話し聞いてみました。
衿芯は昔は無かったということです。



部長たちにも教えてもらおうと思います。



中身のないブログになってしまいました。



着物の着方の歴史を
これから調べていこうと思います。




蝶屋 刑部優美帆

Posted by 刑部 優美帆 at 19時38分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

PHOTO

蝶屋の2階の‥振袖コーナー♡

蝶屋の2階の‥振袖コーナー♡

蝶屋の振袖。

蝶屋の振袖。

今日の出来事。

今日の出来事。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Choya Japanese Kimono & Obi Co., Ltd All rights reserved.