cho-ya Blog

きものの蝶屋ブログです。着物の魅力について、情報発信していきます。

2016年01月14日(木)

M様(ひげ紬)「商売繁盛笹持って来い」 [和の文化]

少し遅くなってしまいましたが
先日1月11日、真島部長に誘って頂いて
日吉神社に「十日恵比寿」に行って参りました!





「十日恵比寿」と言われても
何もイメージが付かず
のほほんとついて行ってみるだけでしたが




‥調べて見て見るととっても面白しろいお祭りなんですね。





































1月11日の「残恵比寿」。










9日が前恵比寿。
10日が本恵比寿で、3日間かけての
商売繁盛を祈願するお祭りだとか。












日吉神社に近づくにつれて


「商売繁盛 笹持って来い」


「商売繁盛 笹持って来い」


「商売繁盛 笹持って来い」



という、リズミカルな掛け声がかかっており。










皆さんなぜか全員というほど笹を持っておられました。




















なぜ笹なのか分かりませんでしたが
関東での「熊手」と同じようなものだとか。




「熊手」といったら「商売繁盛の縁起物!」とイメージ付きますが、
静岡出身の私では「笹」は全くイメージが付きませんでした。



「福笹」というんですね。
笹はもともと熊手よりも昔から縁起物だったとか。
一年中に緑を保ち、まっすぐに育ち生命力をあらわす。
きものの柄と同じですね!






勉強になりました!



着物も好きですけど、こういう風習・文化も素敵です。








もともとは、商売繁盛の恵比寿様が
「笹をもって来たら商売繁盛させてあげるよ〜」と
言っていて神社に各自笹をもって言っていたそうです。








今では神社に笹も用意してくれていますが、
来年は自賛していこうと思ってます!









そんな福笹に沢山の縁起の良い小物をつけて頂いて。


「今年もお着物で笑顔が作れ、喜んでいただいて
蝶屋が賑わいますように!」と祈願してまいりましたっ!






飾る場所は、「高く」「清潔で」「東か東南」が良いそうです。









蝶屋にも飾りました。










画像(320x320)・拡大画像(640x640)

















画像(320x320)・拡大画像(640x640)

















画像(320x320)・拡大画像(640x640)



そんな「福笹」について調べていると
ラインに、気が付きました。























いつも優しく、ワイルドなお客様でもあるM様でした。
(男性)























画像を開いてみると!


























着物を着て「福笹」を持っているM様が!!!!!



































画像(320x320)・拡大画像(640x640)



なんと素敵な。


























M様はいつも着物で沢山お出かけして頂けるので私事ですがとても嬉しく思っています。













それにたまに、M様のお知り合いの方に会わせて頂くと
M様、着物姿のものすごい勢いで褒められているので
それがまた嬉しく、ハッピーになってしまいます。















でも、本当にかっこいいですよね。















よく歓声を聞かせて頂きますが、
そりゃあそうだな!と思います!


















































M様のお着物はひげ紬といいます。












髭紬は、もともとは滋賀県長浜で織られている
湖国が産地と言われています。

網織りとも言われているそうです。


なぜ網織りと言うかというと、
髭紬が出来た理由は、魚網からと言われているからです。




魚網のお話になるのですが、
昔の魚網は絹で作られていていました。
猟師は漆を塗り網の補強に勤めるが、
岩場などでの過酷な漁に漆がはげ、
やがて魚網としての用を成さなくなります。








しかし「高価な絹をこのまま捨てるわけにはいかない。」
という物を大切に使うということで、
使い古された魚網を切って作り出した一本の糸を経糸にし、
織り込んで髭紬としていったのです。











現在では、当然のことながら古い魚網などはありません。
現在では普通の糸をひげにして白生地に織り込んでいくのです。



希少和布はいくつもありますが、
昔あったものを蘇らせ、オリジナル性を加え、
新たに生産されている髭紬。




とてもお洒落なわけなのです。











初めて着て頂いてからもう一年が丁度経ちましたね。

















M様のお着物いま改めて見ても
お似合いで、かっこいいなぁぁぁ!!!



と思ってしまします。












マフラーは帯の色と合わせて頂いたという事でした!












似合ってます。
















本当にお似合いです!
















年明け早々おめでたいっ!




















M様にも沢山の商売繁盛を祈願します!





















いつも有難うございます。














良い年になりますようにっ!




「M様(ひげ紬)「商売繁盛笹持って来い」」の続きを読む

Posted by 刑部 優美帆 at 08時55分   パーマリンク

2013年05月14日(火)

龍村美術織物の色打掛 [和の文化]

画像(180x120)



5月5日に開催されたミスジャポンの着物ショー&オーディション。

その中で登場した衣装。

龍村美術織物の色打掛。

蝶屋染織美術館所蔵の宝物であり
通常は表舞台に出ることはありません。

今回はこの素晴らしい衣装を
皆様に見て頂きたく、披露させて頂きました。

モデルはミスジャポン2005江口佳那さん。

画像(239x320)・拡大画像(478x640)

この5月5日のミスジャポンの着物ショーの衣装は全て弊社の宝物ばかり。

一枚ずつ、アップしていきますね。

Posted by 濱田 at 11時17分   パーマリンク

2011年05月07日(土)

キモノの力 [和の文化]

missjaponオーディションを終えて。

今から始まる1年間を想像しています。


そんな中、京都に出張に来ました。
全国の志高き呉服店経営者の方の素晴らしい氣を感じ、
気持ちが緊張の中でふるふる高揚しております。

移動中、日本文化に触れた本を読んでいたのですが
その中で、あらためて、万物に「美意識」を見出す日本人の力って本当に素晴らしい、と感じました。


今日もは今から工房見学。
全身の感覚を開放してめいっぱい吸収してこよう!

Posted by 濱田 at 08時09分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

PHOTO

振袖の季節です。

振袖の季節です。

今日の出来事。

今日の出来事。

マネキンちゃんに振袖を着せるの巻。

マネキンちゃんに振袖を着せるの巻。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 Choya Japanese Kimono & Obi Co., Ltd All rights reserved.